おたふく風邪の予防法

おたふく風邪の予防法

おたふく風邪を予防するために何よりも適しているのが、ワクチン接種を受けることだと言われています。
おたふく風邪を引き起こす元となるのはムンプスウイルスという名のウイルスとされていますが、ムンプスウイルスに対して効果のある薬が作られていないので、ワクチン接種を受けることが良策だと考えられています。
このワクチンは実のところ生ワクチンと称されるものであり、これはムンプスウイルスから作られています。
毒性を弱めたムンプスウイルスの生ワクチンの接種を実施することにより、ムンプスウイルスに対する抗体を作ることができるのです。
予防接種を終えると、人の体の中では1ヶ月ほどの期間を使って抗体を作り出します。
ただ、いくら弱いといっても、おたふく風邪の原因となるムンプスウイルスを接種するわけなので、いくらか副反応を引き起こすときもあります。
耳の下部分の腫れに限らず、鼻水や発熱などの症状が副反応として挙げられますが、症状はとても軽度なものです。
仮に予防接種を受けて副反応が起こったとしても、おたふく風邪を発症した時のことを考えると、ワクチン接種を受けておいたほうが好ましいと結論を出す人の割合が遥かに高いです。
いつワクチンの接種を行うかは、保育園や幼稚園で規模が拡大する割合が高いので、入園する前に受けておいたほうが良いでしょう。
予防接種は1歳から解禁になるのですが、2歳になるまでにかかってしまうことはあまりありませんので、そんなに神経質になることはありません。
おたふく風邪の予防接種は義務ではないことも関係し、各病院で料金に開きがありますが、相場としてはおおよそ5,000円とされていますのでチェックしてみましょう。