おたふく風邪にかかったら

おたふく風邪にかかったら

おたふく風邪になってしまった場合、症状が出てからどれくらいで登校・登園してもいいような状態ができるのでしょうか。
この点は一人一人でかなり違ってきますから、約1週間で通園や通学できるようになる子供もいれば2週間もかかってしまう子供もいます。
普通、症状が確認できる間は通学や通園は避けたほうがベターであると認識しておきましょう。
通常、耳の下の箇所の腫れが全く認められなくなるまで登校・登園は無理という風に捉えておきましょう。
ただし、一見すっかり完治したように思えても、依然として他の子供にうつすリスクがあるということも予想されます。
このため、学校や幼稚園に伝えた上でどういう具合に対応するか判断するのが好ましいでしょう。
おたふく風邪なら、出席停止として取り扱われ、欠席として取り扱われたりはしませんが、それを認めてもらうためには届けを出さないといけません。
通っている幼稚園や小学校に電話などをして、届け出に使用する用紙を手に入れてきましょう。
症状が残っているうちは周囲の生徒たちにうつしてしまう危険性がありますので、病院の許しを得ることなく登校や登園に踏み切ることはできません。
間違っても「腫れはあるけれど熱は下がったから大丈夫」と自分で勝手に考えて登校などをすることがないようにしましょう。
なお、おたふく風邪の症状は約1〜2週間で改善しますが、他の病気も併発することも考えられます。
そのような場合には、合併症が治癒するまで治療に取り組まなくてはいけないため、余計に登校や登園が許されない日数が長引くかもしれません。
合併症になったとしても、おたふく風邪を完全に治せば登校や登園が認められることも少なくないので、こういうことも医師と話して見極めましょう。